ブログ

ND様邸(中津市 Life Box)

こんばんは。中島です。

事務所でパソコンをカチカチしていると、ぶるりときますが、車に乗るとのぼせる程暑い・・・。

汗が出たり引っ込んだり、ほんとに風邪ひきそうです。

気をつけないと・・・。

 

さて、中津市三光 LifeBoxことND様邸ですが、

大工工事も佳境です。

 

電気打ち合わせも終わり、天井・壁のボードがどんどん施工されています。

こちらは洗面脱衣所。左の引っ込んだところは洗濯置き場です。

壁の内・内で約780ミリ。

ND様邸は塗り壁なので、もう少し壁厚が出るかな?

だいたいの洗濯機は納まると思います。

 

ちなみに・・・わざわざ「壁の内・内」と書いたのは、建築では寸法をいう時には、「柱の芯・芯」で呼ぶのが普通だからです。

部屋の面積も芯で取った寸法です。なので、実面積は少し小さくなりますが、「盛ってる」わけではありません。これを分かって頂けないと、「言ってたことと違うじゃん!」となりますが、基準がいつも同じなので「この時は大きく言う」「この時は小さく言う」という事ではないんです。

なぜこんなことになってるかというと、壁の面で寸法を取っていくと大変ややこしく、うまく作れなくなるからです。・・・わかりますか?

図で行くところの「線」には太さという概念がありませんが、実際には柱、ボード、仕上げ材・・・と厚みが出ていくので、整合性が取れなくなってくるのです。

しかしながら、家具などお家の中に設置するものは大抵、「柱芯芯910ミリ」つまり「壁内内約780ミリ」に収まるようになってます。

ただし海外のものは若干違いますので、ご心配な方は実地で測るか、担当営業にでも確認して頂くのが確実かもしれません。

 

 

話はそれましたが、引き続き現場の様子を。

上に見えているのは2階の天井。

階段室から見上げています~。

 

 

超が付くベテラン大工のMさん。

1階キッチン部分のボードを張り込み中。

ダクトや柱があるので、その分を加工して・・・

 

ぴったり納まりました。さすがです!

 

 

ちょっとビフォーアフター。

 

むき出しだった柱やダクトが壁の中に納まって、どんどんお家らしくなってきました!

来週くらいから外壁工事、月末から12月頭位には左官工事などの仕上げ工事が始まります。

どんどん見た目が変わっていくので、現場に行くのが楽しみです。

 

 

↓オマケ

ハハハ~なんだこれ可愛い。

 

 

ではまた!