ブログ

家づくりのお話

こんばんは。

大分県中津市の分譲地・新築住宅・注文住宅・デザイナーズハウス・・・家づくりの会社、フォーユーホームの中島です。

 

突然ですが、今日は換気のお話です。

昔、シックハウス症候群と呼ばれる、建材などに含まれる化学物質の揮発が引き金となって起こる、吐き気・頭痛・鼻炎・眼やのどの痛み・・・といった症候群が問題となった時期があります。

その為、現在では、この様な化学物質を発する建材の使用が禁止、または大幅に制限されていますが、それにあわせて「計画的な換気」を行う事が義務付けられています。

そこで大事なのが換気の方式。

この換気の方式は3種類あり、

◆第一種換気・・・吸気排気ともに機械式

◆第二種換気・・・吸気のみ機械式

◆第三種換気・・・排気のみ機械式

と分類されています。

このうち、「第二種換気」はクリーンルームなどで採用される方式で、一般住宅ではまず使いません。

多いのは「第一種」もしくは「第三種」。

第三種換気は、トイレや洗面所、廊下、ホールなどに換気扇を設置し、各居室には「自然吸気口」と呼ばれる開口を設けます。

空気を機械で吸い出して、室内を陰圧にして、自然吸気口から新鮮な空気を取り込む方式です。

こちらは、工事が容易、加えて機器自体も低価格ということで、初期コストをぐっと下げられるメリットがあります。

デメリットは、外気がそのまま入ってくる(夏は高温、冬は低温)為、冷暖房のエネルギーロスが起こることと、ホコリや花粉なども吸いこんでしまう事。

 

第一種換気は、さらに分かれて、

◆換気が必要な個所にそれぞれ装置を設置する局所機械換気

と、

◆床下や天井などに吸排気装置を設置、ダクトを通じて各部屋の空気を入れ替えるセントラル換気方式

があります。

どちらも、メリットは強制的に吸排気を行うため、フィルターを取り付けたり、熱交換システムを組み込んだりと、それ自体に付加機能を持たせられる事。

デメリットは初期費用に加え、ランニングコストが若干増加する(電気代で月数百円~)事。

 

フォーユーホームではどちらの方式も対応可能ですが、第一種換気の場合は「スマートエコ換気システム」というオリジナルシステムを採用しています。

どういうものか!

 

・・・は、長くなるのでまた次回。

ですが、「コロナ時代」呼ばれる、日々の生活の中に「感染症対策」という考えを組み込む事が浸透してきた昨今の状況にも沿うものになっています。

お楽しみに!

 

ではまた。

HG様邸(中津市 デザイナーズハウス)

こんばんは。

大分県中津市の分譲地・新築住宅・注文住宅・デザイナーズハウス・・・家づくりの会社、フォーユーホームの中島です。

 

梅雨も完全に明けて、晴天が続く中津市です。

晴天過ぎて・・・暑い!

「日焼け」とはよく言ったもので、外にいると本当にジリジリと焼かれているようです。

そんな炎天下でも快適に過ごせるようにお家があるわけですが、今日は中津市湯屋分譲地 デザイナーズハウス HG様邸のお家の上棟でした!

雨が降るよりは良いですが、職人さん達も顔を真っ赤にして玉のような汗を流しながらの作業。

頭が下がります。

 

さて、上棟の様子はまた写真を上げますが、今日はお施主様によく聞かれる「上棟って何をしたら良いんですか?」というご質問について。

結論から言うと・・・「何もしなくても大丈夫」です!

古来からの伝統に基づけば、棟木に御幣などの飾りをして、四隅の柱を粗塩とお神酒でお清め。

吹き流しを立てて祝詞を挙げ、お餅や神饌を撒く・・・。

という上棟式を行います。(地域性などの事情によって内容は色々)

ですが、これは準備も大変だし、費用も安くない金額がかかります。

餅撒きの際には高所に上がるので、危険も伴います。

そしてこれはもう、現代にはそぐわないのですが、上棟式は「女人禁制」です。

昨今の「夫婦共働き」「核家族化」「男女平等化社会」などの事情を考えると、そう簡単に出来る事ではありません。

なので、弊社でも「上棟式・餅撒きは行わない」のが基本です。

(もちろん、弊社も歴史がありますので、ご希望であればきちんとノウハウはありますし、執り行うことも可能です。)

通常は上棟吉日などの日取りに気を配り、四隅のお清め、当日参加の職人さん達には赤タオルをお配りして、上棟に臨みます。

略式といえば略式ですが、特別な日には変わりなく、会社としても現場としても、昔と変わりなく気合が入る一日です。

ただ、ここが一番心配かもしれませんが、何もしないからと言って、当然、現場での仕事の質・仕上がりの質には全く関係ありません!

この辺がネットでは色々書かれていますが、何も心配はいりません。

お気持ちだけで充分です。

弊社の職人さん達は「お施主様の為に」という気持ちをしっかり持って作業に取り組んでくれているので、是非出来上がりを楽しみにして頂ければ、と思います!

 

ということで、ちょっと長くなりましたが、これからはこういう事も色々書いていこうかな~と思います。

 

ではまた!

YT様邸(豊前市 アレンジ平屋プラン)

こんばんは。

大分県中津市の分譲地・新築住宅・注文住宅・デザイナーズハウス・・・家づくりの会社、フォーユーホームの中島です。

 

いやあ・・・暑いですね!

梅雨が明けたのは良いですが、しばらくは熱中症との戦いになりそうです。

 

さて!豊前市 アレンジ平屋プラン YT様邸です。

数日後にはクリーニングが入るので、内部の作業も追い込み中。

すごい体勢ですが・・・左官さんが作業中。

タイルが張り終わったので、最後の目地詰め作業ですね。

ほとんど目に入らない部分ではありますが、こういうところをキッチリやらないと、全体の印象がぼやけて、格好悪いお家になってしまいます。

「美は細部に宿る」

ですね!

たまらない暑さですが、がんばって下さい・・・!

 

 

リビングなど、屋内の他の部分は、建具の立て付けやキッチンなどの設備類の設置も終わって、道具も引き上げられ、お掃除待ちの状態。

化粧梁(天井に横向きにかかって木肌が見えている部分)と、建具の色がマッチしていて、とてもいい雰囲気です。

 

角度を変えて。

無駄を省いて、リビングを大きく確保したことで、素晴らしい開放感です!

大きめの窓や、フルハイトドアを採用したことも雰囲気向上に大いに作用しています。

 

本当に必要な部屋数は?

収納は?

どういう生活をする?

・・・などなど、実際に暮らしていく中での様子をリアルにイメージして、必要なもの・不要なものをしっかり取捨選択していくことも、素敵なお家を作っていく上ではとても重要な要素だと中島は考えます。

 

部屋数が多いのがダメ!

というわけではないですよ!

「なんとなく」は後悔のもとになりますよ~、というお話です。

家を建てるにあたっての「憧れ」「理想」も、もちろんとても大切です。

 

バランスよく判断していきたいですね!

 

さて、リビングの壁にドーンとかかっているコチラ↓。

エコカラットのフレームです!

「デザインパッケージ」といって、テイスト別にパターンが用意されていて、迷わずにお洒落な組み合わせを選ぶことができます。

(詳しくはこちらをどうぞ)

まあまだ張られていないのでどんな風な仕上がりなのかはお見せ出来ませんが・・・。

こちらも思い切って、当初より一回り大きいサイズを採用されたYT様。

これは大正解ですね!

かなりインパクトがあって、リビングがグっと広く感じます。

中途半端に小さいと、かえって逆効果になったかもしれないです。

仕上がりが楽しみな部分の一つです!

 

 

そして外では外構のお打ち合わせ。

タマラナイ暑さですね・・・。

しかし工事もあと少し。

お楽しみに!

 

 

そうそう。

中島家の新顔ボウヤですが、すくすくと育っております。

最近は首も座りつつあり、動きもどんどんパワフルに!

朝起きたらとんでもない所にいたりして(本人はゴキゲンですが)、ビックリします。

 

ではまた!