ブログ

家づくりのお話

大分県中津市の分譲地・新築住宅・注文住宅・デザイナーズハウス。

家づくりの会社、地域密着型工務店・ハウスメーカー、フォーユーホームの中島です。

 

さて、この時期になるとたまに届くのが

「新築でエアコンをガンガン回しているのになんだか肌寒い」

というお声。

 

弊社の場合、断熱材は断熱性能等級4は十分クリアできる仕様で、施工の質についても断熱工事検査を受けて日々向上に取り組んでいるので、性能不足や施工不良による隙間風などでエアコンが効かないという事は無いはず・・・。

そこで詳しく伺ってみると、大体共通しているのが

「加湿をしていない」

という点。

 

冬になると「加湿」は大事なキーワードになってきますが、その主旨は「感染予防」なことが多いです。

(これももちろんとても大事!)

ですが、

「体感温度」

に触れる事はあまりありません。

 

ということで「湿度と体感温度」について考えてみます。

 

◆湿度が上がると体感温度が上がる

 

いきなり結論ですが、ではなぜそうなるのか?について。

 

人間の体は、汗をかきます。

これは、気化熱(液体が蒸発する時に、接しているものから奪う熱)の仕組みを利用して、体温を調整する為。

夏など、気温が高くなってくると汗がたくさん出ますが、寒い時でも実は少しずつ汗がでています。

本来気温が低いと水分は蒸発しにくいですが、空気が乾燥している為、この汗がどんどん蒸発し、体の表面の温度が下がり、文字通り「肌寒く」感じる様になります。

(夏は逆に湿度が高い為、汗が渇きにくく、ベタベタしますね。)

 

つまり、室内の湿度を上げれば、体の表面からの水分の蒸発を防ぐことが出来、熱が奪われにくくなる・・・という事につながるわけです。

 

◆どのくらい影響があるか

これは非常~に複雑で難しい計算式があります。

が、見てもチンプンカンプン・・・。

大体まとめると、一般的には

・湿度が10%上がると、体感温度が1度上がる

と言われているようです。

(これは室温が20度前後の時の事で、10度を下回る時は、湿度が上がると逆に寒く感じるそうです)

それと、今年はそうでもないですが、毎年流行するインフルエンザウイルスは、湿度50%を超えるとかなり数が減るそうです。

 

◆どのくらいの湿度にするべきか

という事で、ではどのくらいの湿度を保つべきか、というと

・室温18~22度で湿度45~60%

が、冬の快適な室内環境だそうです。

これ、実際の弊社事務所に設置してある温&湿度計ですが、ちょうど22度、湿度50%弱ですね。

確かに、暑くなく寒くなく、乾燥してる感じでも、ジトジトしてる感じでもなく、快適です。

エアコンで暖房をかけながら加湿器を使っています。

 

 

◆温度だけでなく湿度も管理しましょう

以上、湿度が上がればと体感温度も上がります、というお話でした。

体感温度が上げて暖かく感じるようになればエアコンなどの設定温度を下げる事が出来るので、省エネ、電気代節約にもつながってきます。

 

ただ、あまりに加湿しすぎると、結露しやすくなったり、カビの発生につながったりするので、上のような温&湿度計を置いたりして管理してみると良いかもしれませんね!

ホームセンターなどで数百円~程度で売られているので、お一つ買って、設置されてみてはいかがでしょうか?

 

ということで長くなりましたが、今日は

温めるだけでなく、湿度もコントロールして、快適な室内環境を整えましょう!

というお話でした。

 

ではまた!

 


 

<資料セット、始めました!>

WEBからのお申し込み限定の、カタログやお家づくりに役立つ資料が詰まったセットです。

無料なので、下のバナーからお気軽にどうぞ!

↓↓↓

フォーユーホームの資料請求はこちらから。

OG様邸(デザイナーズハウス)

大分県中津市の分譲地・新築住宅・注文住宅・デザイナーズハウス。

家づくりの会社、地域密着型工務店・ハウスメーカー、フォーユーホームの中島です。

 

先日は中津市湯屋にて完成見学会でした。

おかげさまで好評のうちに終えることが出来ました。

ご来場、お問い合わせくださいました皆様、誠にありがとうございました。

 

さて、同分譲地にて進行中の現場、デザイナーズハウス OG様邸です。

 

先月はまだ基礎しかありませんでしたが・・・

 

↓↓

今は工事の真っ盛り。

透湿防水シートが張られ、サイディングの取り付け工事が始まりました。

 

 

まずは玄関横の部分。

 

側面もだいぶ張られています。

 

サイディング・・・いわゆる窯業系サイディングですが、デザインや色が豊富なのが特徴の一つです。

こちらの写真の様に、木目を再現したもの、石目を再現したもの、タイル調、レンガ調・・・と様々なものが用意されています。

また付加機能が備えられているものもあり、壁についた汚れやホコリが浮いて、雨で洗い流されやすくなっていたりします。

 

デザイン×色でかなりの種類があって、迷い出すと大変ですが、せっかくのお家づくり、そういった部分も楽しんでいきたいですね!

 

ではまた。

 


 

<資料セット、始めました!>

WEBからのお申し込み限定の、カタログやお家づくりに役立つ資料が詰まったセットです。

無料なので、下のバナーからお気軽にどうぞ!

↓↓↓

フォーユーホームの資料請求はこちらから。

 

NS様邸(中津市 デザイナーズハウス)

<新築デザイナーズハウス完成見学会開催>

デザイン性×機能性×素材感

「新しい年、未来の住まいのこと、考えてみませんか?」

1月23日(土)・24日(日)の2日間限定開催!

詳細はこちら→<イベント情報ページ>


 

大分県中津市の分譲地・新築住宅・注文住宅・デザイナーズハウス。

家づくりの会社、地域密着型工務店・ハウスメーカー、フォーユーホームの中島です。

 

今週末は完成見学会です。

宜しくお願いします。

 

さて、見学会場となるお家と同じ、中津市湯屋分譲地 すこやかタウン湯屋では、同時にさらに2棟のお家が建築中。

 

そのうちの一棟、NS様邸は、

基礎

 

↓↓

上棟

↓↓

外壁工事

 

という状態から・・・

 

先日、足場が外れました!

細かい仕上げはまだ先なので、基礎の部分などは少し汚れていますが、シンプル&スマートな外観かがやっとお目見え。

無駄が無いのにツマラナくならず、スッキリスマート。

完成が楽しみです。

 

ではまた!

 

あ、分譲地情報ページですが、プラン例も豊富に載っていますので、ぜひご参考に!

<分譲・新築情報ページ>

 


 

<資料セット、始めました!>

WEBからのお申し込み限定の、カタログやお家づくりに役立つ資料が詰まったセットです。

無料なので、下のバナーからお気軽にどうぞ!

↓↓↓

フォーユーホームの資料請求はこちらから。

家づくりのお話

<新築デザイナーズハウス完成見学会開催>

デザイン性×機能性×素材感

「新しい年、未来の住まいのこと、考えてみませんか?」

1月23日(土)・24日(日)の2日間限定開催!

詳細はこちら→<イベント情報ページ>


 

大分県中津市の分譲地・新築住宅・注文住宅・デザイナーズハウス。

家づくりの会社、地域密着型工務店・ハウスメーカー、フォーユーホームの中島です。

 

さて、先日のブログ記事で、

<国の住宅取得支援策>

について少し触れました。

今日はもう少し詳しく見ていこうかな~と思います。

 

◆「住宅ローン減税」期間13年措置の継続

住宅を購入したり新築したりする場合、金融機関から融資を受ける事があります(というかほとんどの方が受けます)。

そうすると、毎年12月31日時点での住宅ローンの残高の1%に相当する金額分、所得税と住民税の控除が受けられます。

これが「住宅借入金等特別控除」いわゆる「住宅ローン減税」です。

色々と細かい条件が付いていますが、まあ大体の方の場合は普通に受けられます。

が、

・マイホームの買い替え

・夫婦間での所有者名義・借入割合の分割

・面積が50㎡未満

・・・などの場合は気を付けましょう。減税措置が受けられなくなったり、控除される金額が減ってしまったりします。

 

それで。

 

元々はこの控除を受けられる期間というのは、「10年」と決められていたのですが、2019年の消費税増税を受けて、

「増税による影響が強く出る1年ほどの間に家を建てる(購入する)人は、負担分(+2%となった分)を3年かけて控除に充て、実質の増税負担を軽くしましょう~」

と、いうのが『「住宅ローン減税」期間13年間措置』の内容で、控除期間が13年間となるのは一定の期間の間に契約・引き渡しを済ませた場合に適用されるものでした。

ところが、新型コロナウイルスによる感染症拡大を受けて緊急事態宣言が発令されて、外出自粛要請が出たり、物流が滞って、上記の期間に間に合わなかったりといった事態が発生した為、一定の期間の部分を延長。

これが<「住宅ローン減税」期間13年措置の継続>となった流れです。

 

要約すると、

「住宅取得費用にかかる消費税10%のうち、2%分に相当するお金が戻ってきます。元々は、ある期間のうちに契約・引き渡しが出来た人達だけがもらえるものでしたが、その期間を延長します。」

ということです。

2%は大きいですよ~。

1,000万円 × 2% = 20万円

2,000万円 × 2% = 40万円

3,000万円 × 2% = 60万円

ですからね!

 

 

 

◆「住まい給付金」最大50万円の給付

さて、住宅ローン減税はその言葉にある通り、「減税」です。

払うべき税金が少なくなったり、払った税金が戻ってくる仕組みです。

それに対して、住まい給付金は「給付金」。

シンプルに、現金がもらえます。

これもいくつか条件がありますが、そう問題になる部分は無いでしょう。

注意すべき点は、収入によってもらえる金額が変動する点。

(正確には「所得割」によって)

大体の目安は下の表のような感じ。

 

収入額の目安 給付金額
~450万円 50万円
450~525万円 40万円
525~600万円 30万円
600~675万円 20万円
675~775万円 10万円

 

 

 

 

 

 

 

 

あくまで目安ですが、大体こんな感じです。

最大で50万円の現金!

手続きは簡単に出来ますので、絶対にやりましょう!

今までのお客様の場合、申請から大体2週間前後で給付されていましたが、時期によって前後はすると思います。

ただ何か月もかかるような心配はあまりしなくても良いかな、と個人的には思うので、入居後の買い物予算に組み込んでも良いですね!

クーポンなどではなく、使い道自由な「現金がもらえる」というのは本当にありがたいと思います。

 

 

というわけで、大変助かる住宅取得支援策のうち、住宅ローン減税と住まい給付金についてでしたが、あと二つ、

◆「贈与税非課税枠」最大1500万円

◆「グリーン住宅ポイント制度」の創設

もあります。

長くなってきたのでこれらについてはまた後日。

 

ではまた!

 

 

<資料セット、始めました!>

WEBからのお申し込み限定の、カタログやお家づくりに役立つ資料が詰まったセットです。

無料なので、下のバナーからお気軽にどうぞ!

↓↓↓

フォーユーホームの資料請求はこちらから。

OG様邸(デザイナーズハウス)

<新築デザイナーズハウス完成見学会開催>

デザイン性×機能性×素材感

「新しい年、未来の住まいのこと、考えてみませんか?」

1月23日(土)・24日(日)の2日間限定開催!

詳細はこちら→<イベント情報ページ>


 

大分県中津市の分譲地・新築住宅・注文住宅・デザイナーズハウス。

家づくりの会社、地域密着型工務店・ハウスメーカー、フォーユーホームの中島です。

 

冒頭、告知を挿入しましたが、1月23日(土)・24日(日)、新築デザイナーズハウスの完成見学会を開催しますので、是非ご来場ください!

 

さて、今日の現場は、見学会会場となるお家と同分譲地内、

中津市湯屋分譲地 デザイナーズハウス OG様邸

です。

現在は大工工事がどんどん進んでいます。

OG様邸は来週あたりから断熱材が施工され始める予定です。

ちょっと今週は・・・結構な降雪、急激な気温の低下、それによる市内500カ所以上の漏水事故、そして断水・・・という、なかなかハードな出来事のおかげで、色々予定が狂いました。

北国の人からしたら「氷点下4度程度で何言ってるの?」かもしれませんが、積雪自体が珍しい中津市のような地域では、慣れていないので色々起こります。

今は水道も復旧して、ヤレヤレ、といったころです。

 

さて、ちょっと話がそれましたが、上の写真の真ん中から少し左のあたりに、銀色のものが見えます。

これは、

こんな感じで、1階床下からグーンと立ち上がり、

 

1階の天井裏を通って、

 

2階の各部屋に伸びてゆきます。

 

何かというと、コレ。

この黒い部分に集められて、

 

この第1種換気システム「スマートエコ換気システム」の機械を通って排出される空気が通る、排気ダクトなのでした~。

 

第3種換気システムと違って、吸・排気共に機械動力で行い、強力なフィルターを通して花粉やホコリやPM2.5をほぼカット。室内の空気がいつでもキレイ!

しかも熱・湿度交換機能も備わっているので、エアコンなどの消費電力の省エネにも一役買ってくれる優れものです。

 

コロナウイルスによる感染症拡大で、換気システムもかなり注目されるようになってきました。

気になる方は是非お問い合わせください

 

ではまた!

 

<資料セット、始めました!>

WEBからのお申し込み限定の、カタログやお家づくりに役立つ資料が詰まったセットです。

無料なので、下のバナーからお気軽にどうぞ!

↓↓↓

フォーユーホームの資料請求はこちらから。

 

家づくりのお話

大分県中津市の分譲地・新築住宅・注文住宅・デザイナーズハウス。

家づくりの会社、地域密着型工務店・ハウスメーカー、フォーユーホームの中島です。

 

明けましておめでとうございます。

2021年もよろしくお願いいたします。

 

さて、弊社は本日 1月7日(木)から通常営業です。

朝からアラレのような雪が降る、冬らしい一日となりましたが、無事に新年を迎えることが出来、スタッフ一同、意気軒高です。

 

相変わらずコロナ禍は続いておりますが、住宅の新築・購入・リフォーム・中古売買に関しては、

◆「住宅ローン減税」期間13年措置の継続

◆「住まい給付金」最大50万円の給付

◆「贈与税非課税枠」最大1500万円

◆「グリーン住宅ポイント制度」の創設

と、国からの支援が充実しております。

詳細はまたブログでもご説明しようと思いますが、一昨年の消費税増税~感染症拡大の影響を受けての施策の為、期限付きです。

慎重にならざるを得ない時期ではありますが、これらの支援の恩恵を十分に受ければ数百万円単位での節約となる為、「知らなかった・・・もうちょっと早く動いておけば~!」と、後悔することにならないよう、ぜひ一度ご相談いただければ、と思います。

 

それでは、重ねてではありますが、本年もフォーユーホームをよろしくお願いいたします。

 

ではまた!

 


※追記

住宅ローン減税

住まい給付金

について触れた記事を書きました。

続きはこちらへ!


 

<資料セット、始めました!>

WEBからのお申し込み限定の、カタログやお家づくりに役立つ資料が詰まったセットです。

無料なので、下のバナーからお気軽にどうぞ!

↓↓↓

フォーユーホームの資料請求はこちらから。