ブログ

ND様邸(中津市 Life Box)

こんばんは。中島です。

 

中島は営業ですが、勉強もかねて出来るだけ現場も見に行くようにしています。

職人さん達には煙たがられてるかも!?

でも出来上がっていくのを見るのが楽しみ、っていうのもあるんですよ・・・。

 

と、いうわけで、中津市三光 LifeBoxことND様邸の現場です。

高い所は相変わらず怖いです・・・。

 

中では引き続き大工工事が進行中~。

ベテラン大工・Mさんが床材を施工中でした。

合板の床だと、幅が300ミリとかだったりしますが、今回の天然無垢床材は幅135ミリ。

単純に考えて手間が倍・・・ただし軽いです。そして硬さも違います。

合板床は木材チップをガッチガチに固めて作っていたりして、あっという間に丸ノコの刃がダメになるほど硬く、ものすごく重かったりします。(そうでないのもあります。)

これはそのままメリット・デメリットにつながるんですが、一般的に、

合板床

・傷に強い。ただし入った傷は直らない(見た目上は隠せる)。

・メンテナンスが簡単。

・比較的安価。

 

無垢床

・傷が入りやすいが、少々の傷は整復出来、また”味”になる。

・定期的なメンテンナンスが必要。ただしこれも、手間をかければかける程”味”が出る。

・価格の幅が大きく、高価なものはビックリするほど高価。

 

と、どっちが絶対に良い!とは言い切れません。

予算や好みに合わせて選んでいきたいですね。

LifeBoxは”健康”という部分にも力を入れているので、床やクロスに天然素材、換気は高性能フィルター付き第一種換気・・・といった仕様になってます。

 

話がそれましたが、引き続き現場の様子です。

同じようで少しづつ違う天然の材料は、手触りだけでなく、目にも柔らかく優しい感じがします。

そうそう、LifeBoxでは、床材の下に石膏ボードを敷いてます。

防音目的です。

 

 

電気工事士・Tさんも作業中。

第一種換気システムのダクトを取り回し中です。

Tさんは中島と同い年という事もあって、妙に親近感を抱いてしまい、ついつい話しかけてしまいます・・・。

お邪魔してすみません。いつもありがとうございます!

 

こんな感じでどんどん進んでます。

 

あとちょっとどうしても見てほしいんですが・・・。

可愛すぎでしょうこれ!

 

ハイ。

 

ではまた!