ブログ

ND様邸(中津市 Life Box)

こんばんは。中島です。

中津市三光でのND様邸新築工事、順調に進んでいます~。

ブルーシートがデロンとはがれて、とっ散らかっているように見えますが、ちょっと理由がありまして。

 

大工さんが軒先の工事に取り掛かっていたり、

 

防水透湿シートの施工が始まったからなんです。

工事がキリの良いところまで進んだら、きちんと再養生されますので、ご安心を。

 

ちなみに、写真内左側に、デンっと置いてあるのは玄関ドアの枠ですが、こちらは納品時にキズが確認できましたので、返品する為に外に出してます。

雑に放り出して保管してるわけじゃないですよ!

 

さて、話は戻って、工事の様子を~。

これは防水透湿シートを施工する際に使う道具で、その名も「シートはり名人」・・・そのまんま~。

ですが、一人で施工する際は「これが無いと」というくらいとても便利な道具だそうです。

プロの道具ですね!

 

で、下から順に、重ねながら張っていきます。

ないと思いますが、もし!重ね順が逆になってる現場があったら・・・水が入ります。

シート張りが終わったら、JIOさんによる「外装下地検査」が行われます。

 

では中に。

棟梁が断熱材を施工中。

 

 

綺麗に施工されています。

断熱材は、材の性能も大事ですが、一番大事なのは「施工の正確さ」。

隙間があったりすると、きちんと性能を発揮できませんので、いくらお金をかけて性能の良いものを使用しても意味がなくなってしまいます。

これは結構理解できてない現場があるんじゃないかな~と思いますが、フォーユーホームでは、断熱材の施工状況の検査も行い、現場のレベルも上がってきてるのに加え、棟梁がきっちりした人なので、胸を張っても良いんじゃないかな、と思います。

 

特にこういうところ・・・わかりますか?

壁と天井の取り合いのところです。

結構なにもされずにぽかっと隙間になってるところ、あるんじゃないでしょうか。

 

「見えないところこそきっちりやる!」

心がけてます。

 

猫も見てます・・・。

 

 

ではまた!