ブログ

社長の一言
耐力壁のイメージ画像
 

こんにちは、フォーユーホームの長田です。
前回のブログでは「地震に強い家の屋根」についてご紹介いたしました。
▼【中津市で注文住宅】災害(地震)に備えた新築住宅を建てよう!~屋根の軽量化編~
 
今回は、地震に強い家の「壁・窓」についてご紹介いたします。
 
中津市の注文住宅工務店フォーユーホームは、大分県中津市で理想の家づくりをするために役立つ情報を発信しています。みなさんの家づくりの参考になると幸いです。

長田社長の画像

 
 

   

こんな方におすすめ!
●中津市で注文住宅をご検討中の方
●中津市で新築住宅を建てたい方
●中津市で工務店をお探しの方
●災害に強い家づくりをしたい方
●地震に強い家の「壁・窓」について知りたい方
 

 
1.地震時の壁の役割とは

 
柱を増やし太くすれば地震に強くなるとお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
柱は縦の揺れには強いのですが、横の揺れには弱いのです。
そこで、壁が横の揺れに対する重要な役割を担っています。
柱と柱の間に耐力壁という壁があることで、縦揺れと横揺れに耐えられる地震に強い構造になります。

 
2.地震における窓の影響とは

 
「窓の数が多い」、「窓の大きさが大きい」と耐震性が下がると言われています。
耐震性を高めるために窓の大きさを小さくしなければならなかったという事例も多くあります。
 
では、窓のある部分の耐震性を高める方法はあるのでしょうか?
「耐震補強フレーム」を取り付ける方法があります。
柱や梁の内側の壁に「耐震補強フレーム」を用いることで大きな窓でも耐震性を下げず、採光の確保や通風の確保をすることができます。

 
3.地震に強い家にするために

 
特に横揺れの地震に対して、壁は重要な役割を担っていることが分かりました。
耐力壁を設置することで、住宅が倒壊する危険性を著しく下げることが出来ます。
 
木造の建物の耐力壁には、「ツーバイフォー工法」という構造が採用されています。
この工法は、天井、壁、床をバランスよく組み合わせることで成り立っています。
 
鉄筋コンクリートの建物は、「ラーメン構造」と「壁式構造」に分類されます。
「ラーメン構造」は柱と梁が一体化した構造で、「壁式構造」は柱を使わず壁だけで構成されており、強度が高い構造です。
 
鉄骨の建物は、壁にも鉄骨が使われているため地震に対してとても強い構造となっています。

 
4.まとめ

 
いかがでしたでしょうか?
耐震性をさらに高めるためには、壁を強化することは必須となります。
新築を建てる段階から耐震性の高い家づくりを目指しましょう!
 
フォーユーホームは、大分県中津市を中心に活動しているお客様密着の地場工務店です。 お客様に寄り添い、お客様の「理想の暮らし方」を形にします。 魅力いっぱいの中津市で家づくりしませんか?大分県中津市で注文住宅をご検討中の方は、フォーユーホームにご相談ください。
»お問い合わせはこちら
»資料請求はこちら
»ご来店予約はこちら     

<資料セット、始めました!>

WEBからのお申し込み限定の、カタログやお家づくりに役立つ資料が詰まったセットです。

無料なので、下のバナーからお気軽にどうぞ!

↓↓↓

 

カレンダー
2024年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031