ブログ

社長の一言
色々な形の家のイメージ画像
 

こんにちは、フォーユーホームの長田です。
地震が頻発する日本では、新築住宅を建てる際に地震対策が不可欠です。
家を建てる前に「地震に強い家はどんな家か」を知ることで、
みなさまの家づくりが少しでもスムーズに行うことができると思います。
今回は、地震に強い家の「形」についてご紹介いたします。
 
中津市の注文住宅工務店フォーユーホームは、大分県中津市で理想の家づくりをするために役立つ情報を発信しています。みなさんの家づくりの参考になると幸いです。

長田社長の画像

 
 

   

こんな方におすすめ!
●中津市で注文住宅をご検討中の方
●中津市で新築住宅を建てたい方
●中津市で工務店をお探しの方
●災害に強い家づくりをしたい方
●地震に強い家づくりの方法を知りたい方
 

 
1.地震に強い家の形とは

 
地震に強い家の特徴の一つとして重要なのが「家の形状」です。
地震に強い家の形はシンプルな四角形です。上から見たときに正方形や長方形のような整った形状の家は、地震に対して強いと言われています。
 
また、シンプルな形のうえ、高さも低い「平屋」は地震の揺れの影響を受けにくく、建物への負荷も小さいことから「地震に強い家」としても注目を集めています。
 
参考にフォーユーホームで建てたシンプルな形状の平屋住宅をご紹介いたします。

暮らしを遊ぶ、シンプルな平屋。

 
2.シンプルな形が地震に強い理由とは

 
地震に強い家を考える際に重要なのは、その形状です。構造や耐震性能を無視して、単純に形状だけを考えると、地震の揺れに対する耐性が焦点となります。シンプルな形状では、各部が一体となって地震の力を均等に分散し、建物全体が安定性を維持できます。特に、正方形や長方形のような整った形状は、その特性から地震に強いとされています。なぜなら、凹凸の少ない形状は地震の力がスムーズに伝わり、建物全体が地震に対して安定した状態を保ちやすいからです。そのため、地震に強い家を建てる場合には、形状を考慮することが必要です。

 
3.地震にさらに強い家づくりの方法とは

 
耐震性の高い技術を用いた地震に強い家は、安心感をもたらしますが、さらに効果的な地震対策の方法があります。近年、注目されているのは「制震ダンパー」の設置です。制震ダンパーは、地震の揺れを吸収し、建物の揺れを軽減する装置です。耐震化された住宅に制震ダンパーを設置することで、大きな相乗効果が生まれ、建物の倒壊防止に効果的です。

 
4.まとめ

 
いかがでしたでしょうか?
地震に強い家はシンプルな形の家です。
新築を建てられる際は、耐震性や構造だけでなく家の形状も考慮することで、
より安全な家づくりをすることができます。
 
フォーユーホームは、大分県中津市を中心に活動しているお客様密着の地場工務店です。 お客様に寄り添い、お客様の「理想の暮らし方」を形にします。 魅力いっぱいの中津市で家づくりしませんか?大分県中津市で注文住宅をご検討中の方は、フォーユーホームにご相談ください。
»お問い合わせはこちら
»資料請求はこちら
»ご来店予約はこちら     

<資料セット、始めました!>

WEBからのお申し込み限定の、カタログやお家づくりに役立つ資料が詰まったセットです。

無料なので、下のバナーからお気軽にどうぞ!

↓↓↓

 

カレンダー
2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930