ブログ

家づくりのお話

こんばんは。

大分県中津市の分譲地・新築住宅・注文住宅・デザイナーズハウス・・・家づくりの会社、フォーユーホームの中島です。

 

さて、今日は最近聞かれることが増えてきたな~と実感する、

「平屋建てと2階建て、どちらが良いんですか?」

という質問について。

 

確かに、平屋のお家、人気です。

 

 

◆平屋建てと二階建て、どちらにすべきか

 

結論はここになりますが、最終的にはお施主様が決められることだし、どちらが良いかというのは本当に言い切れません

ですが、決める為の条件もあります。

 

まずなんと言っても土地。

延べ床面積が同じ場合、総二階建てと比べた場合、当然建築面積は倍になります。

なので、希望の間取り、大きさのお家がその土地にハマらない場合があります。

また、広さが十分でも、形状によっても色々と制限が出てきます。

なので、

購入を検討している土地に希望の平屋が乗せられるのか?

希望の平屋を建てる為にはどういった土地が必要なのか?

事前にしっかり検討しておきたいポイントです。

 

そして予算。

建築面積が倍になるということは、屋根・基礎も倍になる為、単純にその分のコストがかかってきます。

「平屋は割高」といわれるのはこの点です。

ただ、あくまでも「同じ規模の総二階建て」と比べた場合なので、想定していた予算内に収まるのであれば全然問題ありません。

「割高」と書くと損をするような感じを受けますが、相対的な比較での問題ですから、そこにとらわれてしまうのももったいないかもしれません。

 

 

◆平屋のメリット

では、人気と言われる平屋の、そのメリットです。

 

・階段がない

当然平屋には階段がありません

二階への昇降がないので、家事をこなすのがかなり楽になります。

特に小さなお子様がいる場合、おんぶや抱っこをしながら何度も上り下りをするとなると、足腰や体力的な負担は大きくなってきます。

中島のお家にも生後11か月の坊やがいますが、どんどん大きくなってきて、8キロを超えました。

成長しているのは喜ばしい限りですが、仮に2階建てに住むとして、単純に8キロの重りを持っての上り下りと考えると、ちょっとした運動です。

また、いわゆる「老後」を考えた時にもバリアフリーに対応しやすく、介護の必要性が発生した場合でも、介護を受ける側、する側、どちらも楽で便利です。

 

・コミュニケーションが深まりやすい

家の出入りなど、お互いが今どうしているかが分かりやすく、顔を合わせる機会も増えてきます。

また、それぞれの部屋にいる時にでも、同じフロアの場合、なんとなく気配を感じられるので、色々と安心ですね。

 

・構造的に安定している

高さがない分重心が低くなり、ドシっと安定している為、地震や台風など建物を揺らす力に対して強くなります。

長い棒と短い棒を揺らすイメージを想像してみると分かりやすいと思います。

見た目的にもシンプルで落ち着いたものになる為、高級感が出てきます。

 

・空間デザインのバリエーション

 

二階建てでも「吹き抜け」を作ることが出来ますが、平屋にはそもそも二階が無い為、天井を高くしたり、勾配天井にしたり、縦方向への広がりを活かした空間づくりが出来ます。

上の写真のように、縦の方向に広がりを持つ空間は解放感があり、のびのびとした生活を送ることが出来ます。

 

と、こうやってメリットを並べてみると平屋建てが人気なのが分かります。

 

というところで、ちょっと長くなってきたのでこの辺で。

 

次回は二階建てについて考えてみようと思います。

 

ではまた!

<追記>

3/18(木)続き書きました ↓

平屋建てか、二階建てか。2

 


 

 

<資料セット、始めました!>

WEBからのお申し込み限定の、カタログやお家づくりに役立つ資料が詰まったセットです。

無料なので、下のバナーからお気軽にどうぞ!

↓↓↓