ブログ

家づくりのお話

大分県中津市の分譲地・新築住宅・注文住宅・デザイナーズハウス。

家づくりの会社、地域密着型工務店・ハウスメーカー、フォーユーホームの中島です。

 

さて、「フロア材について」の続きです。

フロア材について。

前回は無垢フロア材について触れたので、今日は複合フロア材について

 

◆複合フロア材の特徴

大雑把に言うと、複合フロア材とは「基材」という、ベースとなる材に木目調のシートを貼ったものです。

木の板をそのまま切り出した「無垢フロア材」と違い、人工的、工業的に作られたものです。

「人工的に・・・」と書くと、安っぽいような、あまり良くないもののような感じがしますが、もちろんそういうわけではありません。

加工がなされたものなので、色々な機能を持たせられたり、無垢材にはない長所があります

ただ、正直メーカーや商品によって仕様というか特徴がかなり変わるので、弊社フォーユーホームでよく使うLIXILの「ラシッサDフロア(アース)」に絞って挙げていこうと思います

まず「基材」。

細かく砕かれた木のチップを、結合剤でつなげて、強く圧縮したものを使っていて、丸ノコの寿命を縮める程、非常に硬いです。

若干ボケてますが、断面はこんな感じ。

一見モロそうに見えますが、本当に硬いです。

手でグッと力をかけたくらいでは全然曲がらず、ビクともしません。

 

無垢材の特徴として「やわらかい」という点を挙げましたが、これは反面「キズが付きやすい・凹みやすい」という事に繋がります。

その点、この硬さは傷や衝撃に強く、耐久性の向上につながります。

簡潔に言うなら「タフ」「頑丈」です。

そして表面のシートですが、表情のある木目と、木目の凸凹も表現されていて、触感がとてもナチュラルです。

樹種ごとの木目や色を再現していて14種類から選べます。

 

水にも強いので、無垢材ほど気を遣わなくてもよく、ワックス不要なのでメンテナンスがやっぱり楽!

ダスキンさんの化学モップやクイックルワイパー、最近流行りのブラーヴァなどを使って楽にお掃除出来ます。

毎日の事なので、これは大きなポイント。

それと複合材は工場加工品の為、品質が均一で、精度が高いというのも良いですね。

品質が一定な為、仕上がりに差が出にくく、腕に依らない美しい出来栄えに期待できます。

 

最後に、お値段ですが、無垢フロア材より安めです。

安い物を探していけばかなり安いものもあります。(あまり安すぎるものはリフォーム用だったり、パッとしなかったりしますが)

ただ、ラシッサDフロア(アース)は、「質」を考えるといわゆるコスパはかなり良いのではないかな、と思います。

なので、個人的にひそかに、ですが、フロア材を考える時の基準にしています。

また、他にも色んなメーカーさんが色んな商品を出しているので、お手頃なお値段で、たくさんの選択肢の中から選べるというのも、複合フロア材ならではですね。

 

◆比較のまとめ

という事で、ずらずらと2回にわたって書き連ねてきましたので、まとめます。

  無垢フロア材 複合フロア材
長所

足に優しく、本物の質感、木のぬくもりを味わえる

品質が均一で施工性が良い
年と共に味が出て「経年美化」を楽しめる お手入れが楽
調湿機能がある 水や傷に強い
傷や凹みを治しやすい 無垢材に比べて安価で選択肢が多い
注意点 傷や凹みがつきやすい

本物の質感とは違う

メンテナンスが必要 深く傷つくと復旧できなくなる
お値段は高め あまりに安いものはそれなりの質

 

こんな感じでしょうか。

どちらも良い所と知っておかないといけない注意点があり、「絶対こちらを選ぶべき!」とは言えません。

ぞれぞれの特徴をきちんと押さえて、後悔の無い家づくりを楽しんでいきたいですね!

 

長くなりましたが、2日間にわたってフロア材について触れてみました。

 

ではまた!

 


 

<資料セット、始めました!>

WEBからのお申し込み限定の、カタログやお家づくりに役立つ資料が詰まったセットです。

無料なので、下のバナーからお気軽にどうぞ!

↓↓↓

フォーユーホームの資料請求はこちらから。

カレンダー
2021年5月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31