ブログ

SN様邸(中津市 デザイナーズハウス)

こんばんは。中島です。

 

晴天が続きます。

どうですか、

この青空! 青が深くて、秋の空って感じですね~。

こんな気持ちの良い秋晴れの昼下がり、中津市大塚のデザイナーズハウス・SN様邸の基礎天端のレベルチェックに行ってきました~。

レベルチェックといってもRPG的なのではなく、水平がどれくらい出てるか、のチェックです。

建築関係で「これレベルだね」と言えば、「これは水平だね」と言ってることになります。

 

職人さんは当然出来るだけ水平になるようには作りますが、相手はコンクリート。

固まりながら収縮もするし、なかなかすべて完璧にレベル!誤差ゼロ!というのは現実的には難しいです。というか無理でしょう。

(プラスマイナス1mmでもものすごい精度です。)

なので、ポイントポイントで高低差を図っていきます。

やはりミリ単位で誤差が出てますが、この誤差は基礎と土台の間に敷く「基礎パッキン」の下に、スペーサーを挟むことで調整していきます。

あまり誤差が大きいときは削ったりします。

これが土台敷きの日に、その場その場で入れていくと大工さんも大変だし、間違いも起きるので、事前にチェックして計画を作っておくわけです。

 

 

基礎職人・Sさんの作業の邪魔にならないように・・・。

SN様邸の基礎は大きいので、測量作業自体はなかなか大変でしたが(麦わら帽子を忘れて暑かった・・・)、最大高低差が4ミリほど。スペーサーで十分対応可能な範囲内でした。

中間値から言えばプラスマイナス2mm。良い精度です!

 

ちなみに、阿部さんが持ってる棒は「バカボー」と言います。

漢字で書くと「馬鹿棒」・・・乱暴な名前に聞こえますが、「馬鹿でもわかる棒」というのが由来で、通称でもあり、商品名でもあります。本当に。

丁寧に言えば「測量棒」ですが、誰もそんな風には呼びませんね~。

でも確かにわかりやすいです。

 

一通りチェックが終わって、阿部さんとSさんが打ち合わせ中。

事務所でゆっくり打ち合わせ・・・と行きたいところですが、職人さんは忙しいので、現場での打ち合わせが多くなります。

 

阿部さんと中島の作業が終わっても、Sさんは掃除や墨出し(矩(かね)出しとも)などの作業が忙しく続きます。

夏でも冬でも現場作業は大変です・・・。職人さんには感謝と尊敬の気持ちです。

いつもありがとうございます!

 

というわけで、SN様邸の上棟は18日の予定。

晴天が続きますように。

 

ではまた!