ブログ

GK様邸(豊前市 デザイナーズハウス)

こんばんは。中島です。

昨日、「木枯らし一号が云々」という話を書きましたが、今日は本当に空気の質が変わった感じ。

事務所の温湿度計の針も、「乾燥注意」を指していて、顔あたりがカサカサきております。

 

会社員37歳男性の肌状態の話はおいといて。

 

中津市三光の規格住宅・LifeBoxことND様邸、

そして中津市大塚のデザイナーズハウス SN様邸に続いて、

先日は福岡県豊前市にて、デザイナーズハウス GK様邸が着工しました!

現在、地業、型枠、配筋工事、そして配筋検査が終了し、ベタ基礎の底盤コンクリ打設準備OKの状態です!

 

 

基礎工事についても、配筋検査という検査が行われます。(JIOさん実施)

配筋の径やピッチ、連結部分の長さ、立ち上がりの高さ、図面との整合性・・・などなど、細かいチェックが入り、写真とともに記録が残されます。

 

会社としては当然、きちんと基準を守って、それよりも強くなるように設計・施工の指示・監理をしていますが、職人さんといえどもやはり人間、そして監理するのも人間・・・となると、いつか必ずどこかでエラーが発生します。というか、発生するものと思っていなければいけません。

もちろん発生確率を出来るだけゼロにするように努力はしていますが、これはもうどうしようもありません(だからしょうがないんです、ということではありませんよ!)。

その為にきちんと検査を行い、もしミスや間違いがあってもすぐに対応・修正が出来るようにしておくのはとても大切です。

なので、フォーユーホームでは、JIOさんという第三者機関に、

・配筋検査

・躯体検査

・防水下地検査

・断熱施工状況検査

・完工検査

という複数の検査を行ってもらうようにしています。

「第三者機関」というのがミソですね!

 

これからも地域密着型の、安心・信頼できる住宅建築会社を目指していきます。

 

ではまた!